角が立つのでブログで書きます。

長い文章を書くときのために。

コンプレックス

僕は就活のとき、丸の内にあこがれていた。

正確に言えば、丸の内に本社を構えるような企業で働きたいと思っていた。

当時エントリーしていた業種や企業はそれとはややずれるところもあったけれど、

今思えば概ねそういう意識があったんだと思う。

 

都心の街をくまなく知っているわけではないけれど、

丸の内は何かが違うように感じる。

23時を過ぎても人が帰るどころか、ますます活気づいてくる飲食店。

そこにいる人達の服装、端々に聞こえる会話、漂う余裕。

真の都会人たる丸の内の人々のための空間。

 

田舎者である僕は、その空間にのまれてしまった。

 

大学生のときは、自分と丸の内の間にある大きな距離に、

気づいていなかった。

心にゆとりのある優しい友人に恵まれ、

もとは田舎の公立中から出てきた僕を、

丸の内に溶け込める人物であるかのように育ててくれた。

 

就活のとき、まわりにはきっと上手くいくだろうと言われていて、

自分でもまあまあいけるんじゃないかと思っていた。

でも実際は違った。

周りをエリート体育会系に囲まれ、必死の形相で面接に挑んだことは、

今でも覚えている。

就活という極限の場において、

友人につけてもらっていた僕の化けの皮は剥がれ、

あなたが来る場所はここではないと、指し示された。

 

丸の内には僕に不適格の烙印を押した企業がいくつもある。

僕には無理だと、はじめから諦めてしまったところもたくさんある。

 

いまの僕は、また当時とは違う。

今の生活があるからこそ出会ったたくさんの人達のおかげで、

大学生の頃とも違う自分になっている。

 

でも、ぼくは丸の内にはいないし、丸の内には溶け込めない。

あの場で過ごすのが心地よくても、その住人にはなれない。

 

丸の内には特別な空気がある。

ガラスの天井で僕を阻んだ聖域があるのだろうか。

丸の内に溶け込むことが人生の全てではないことなんて、

当然わかっているけれど、

憧れても届かなかったこと、

かつて身近にいた友達は手が届いていること、

就活という答えの見えない競争の中で敗れたことへの

後悔、劣等感、嫉み。

それが渦巻いて、丸の内を特別に見せるのかもしれない。

 

また、丸の内で飲みたいと思う。

森友・加計は些細な問題

森友学園加計学園についてのさまざまな疑惑が報じられてから1年ほどが経ちました。

 

ここに来て次々と新事実が明らかになり、またメディアを騒がせていますが、森友・加計問題はそんなに重要なことなのでしょうか?

森友学園に対する8億円の値引き、確かに正当とは言えないかもしれないけれど、国の一般会計予算が100兆円近いことを考えれば、その8/1,000,000、年収500万円のサラリーマンで考えれば40円のことです。それよりも、経済とか財政とか、国会で話し合うべき話題はたくさんあるのではないか?

加計学園については、忖度があったかなんて計測のしようがない、学校を開設する認可は公式に下りているし、現に大学は開学して学生が通っている。その学生たちを傷つけるのか?

そう思う人に、以下の問に答えてほしいのです。

 

 

 

公文書偽造や虚偽答弁をしても良いのか?

 

なぜこんな「重要でない」問題に対してそんなことをしてしまったのか?

 

例えば軍事機密とか、嘘をつくことでなにか利益を生んだり、不利益を隠したりするなら、動機としてまだ理解の余地はあります。でも、なぜこんな「重要でない」問題で、罪に問われる可能性のあることをしてしまったのか?

 

森友・加計問題で嘘をつくことが、誰のなんの利益なるのか?

 

公文書偽造について、立件されないとなれば、「本筋にかかわらない部分の」公文書は書き換えても良くなる。では、本筋に関わるのか関わらないのかは、誰が判断するのか?警察?検察?

 

一言一句を保存するのが、公文書の意義ではないのか?なんのために公文書を残すために決裁をするのか?

 

問題をうやむやにするための数々の詭弁が、今後の行政を滅茶苦茶にする可能性はないのか?なぜ、その場しのぎの言い訳ばかりしなくてはいけないのか?

 

 

 

いま日本で起きているのは、権威による正義の抹殺です。

とても、自由民主主義と立憲主義を標榜する先進国ではありえない。

 

 

取りうる限りの引責をして、事の重大さを国中に知らしめなくては、行政に対する信用はなくなります。それは国家の崩壊です。

 

 

森友・加計問題をくだらないという人には、ぜひこの問に答えてほしい。

 

フィギュアスケートおすすめ演技まとめ

もうしばらく前になりますが、飲んでいるときにいつの間にかフィギュアスケートの話になり、盛大なるオタクっぷりを発揮してしまいました。

ここで、そんな僕の選ぶフィギュアスケート名演集をまとめてみました。

浅田真央ソチ五輪フリーなど、あまりにも有名な演技は除いています。

とりあえず日本選手のものを。

 

羽生結弦

2012年世界選手権 フリー「ロミオとジュリエット

当時まだ17歳、初めての世界選手権。

あまりスタミナがなく、フリーでは後半バテバテになる演技が続いていたこのシーズン。

ただこのころの彼は、今はなかなか見ることのできないあふれ出る情熱が見えていました。

それが最も感じられるこちらの演技。世界選手権初出場にして銅メダルを獲得した演技です。泣きます。

www.youtube.com

 

浅田真央

2013年四大陸選手権 ショート「I Got Rhythm」

バンクーバー五輪後、ジャンプの改善に取り組んでいたためなかなか安定した演技ができませんでした。

実践で久しぶりにトリプルアクセルに成功したこの演技は、観客と一体となりものすごい盛り上がりを見せます(日本開催ですし)。

終盤のステップも圧巻。

www.youtube.com

 

高橋大輔

2007年世界選手権 フリー「オペラ座の怪人

ガラスのハートと呼ばれ続け、大舞台でなかなか結果を出せなかった彼。

世界選手権で初めて銀メダルを獲得したときの演技です。

巨大なプレッシャーと戦っていた様子には心が打たれます。

www.youtube.com

2008年四大陸選手権 ショート「白鳥の湖 ヒップホップバージョン」

当時世界最高得点を叩き出した演技。彼のダンサーとしての才能が最大限に発揮されています。まさに、彼にしかできない演技でしょう。

www.youtube.com

2013年NHK杯 ショート「ヴァイオリンのためのソナチネ

佐村河内守ゴーストライター問題のきっかけになった曲。曲はとてもいいです。

また、実はクラシックが得意だという彼の自負が感じられる作品。選手時代後期の名演のひとつです。

www.youtube.com

 

 

小塚崇彦

2011年世界選手権 フリー「ピアノ協奏曲第1番(リスト)」

彼史上最高の完成度の演技。4回転1本ですが、技術点98点台という凄まじいクオリティ。世界選手権銀メダル。

日本で開催予定だった同年の世界選手権ですが、東日本大震災のため、1ヶ月遅れでロシアでの開催となりました。女子シングルで金メダルを獲得した安藤美姫とともに、日本を勇気づける演技でした。

www.youtube.com

 

 

安藤美姫

2013年全日本選手権 ショート「My Way」

ソチ五輪の最終選考会。2年ほど実戦から離れていましたが、出産を経てブロック予選からなんとか自力で勝ち上がって復活してきました。

そうした人生経験が円熟した演技につながっています。

www.youtube.com

 

中野友加里

2008年世界選手権 フリー「スペイン奇想曲」

彼女史上最高の演技。回転不足判定ですがトリプルアクセルも決めています。

技術力は高いものの演技がやや淡白な印象の選手でしたが、この演技ではノリノリな感じが見え、躍動感がありました。

最終滑走として大喝采を浴びています。

www.youtube.com

 

鈴木明子

2014年世界選手権 ショート「愛の讃歌」

彼女の現役ラストシーズンの曲はショート、フリーともに素晴らしいのですがこちらをセレクト。パーソナルベストの演技です。

長久保コーチの好きな曲をあえてセレクトしたんだとか。

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

憲法改正に賛成・反対という雑すぎる議論の話

読売新聞が、今回の衆院選の当選者の84%が改憲に賛成であるという記事を掲載していました。

衆院選の当選者、改憲「賛成」84%…読売調査 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

しかし、改憲への賛否とは何なのかということに強い疑問をもちました。

今回はその話をしていきたいと思います。

 

改憲に反対とは何か?

改憲に賛成の話をするより、改憲に反対の話をするほうが楽です。

改憲に反対の人たちは、今の日本国憲法が一字一句そのままでいてほしいということです。

もちろん、自民党憲法草案には到底賛成できないから、現在の改憲には反対というような人もいるかもしれませんが、共産党社民党の議員がそういう議論をしているようには思えません。

彼らは保守的に(あえて保守という言葉を使いますが)、今の憲法を維持することに固執しています。

この時点で、改憲そのものへの賛否をということはいささか的はずれなのではないか、という気がしてきます。

 

改憲に賛成と言っても…

改憲に賛成の人たちは、何を改憲したいのでしょう?

記事によれば、

政党別で最も多かった項目を見ると、自公が「緊急事態条項の創設」だったのに対し、立民は「首相の解散権の制約」、希望は「国と地方の役割」、維新は「教育無償化」と「憲法裁判所の設置」だった。」

とあります。

この時点で、憲法改正にもとめているものが各党によってばらばらであることが見えてきます。

与党は、緊急事態条項により、有事の際の内閣の権限を高めることを狙っています。

反対派からすれば、政府が「有事」と決めた場合に内閣の独走を許すことにつながり、反政府運動などを押し込めようとしているのではないか、とも考えられています。

一方立憲は、今は実質的に総理大臣の好きなときに解散できる現状を改善し(本来は誤り)、内閣に対し国会の権限を強めようとしています。

(本来、今でも「国会は国権の最高機関である」と憲法に明記されていますが…)

希望や維新はそれとは違う路線です。

 

憲法論議はどのようになされるべきなのか

僕は、憲法についての議論はなにも特別なことではなく、国会で常に話し合い、より良い国の姿を議論していくものではないかと思います。

ただし、三権分立日本国憲法の三本柱である「国民主権基本的人権の尊重・平和主義」は不変のものとして、時代や価値観の変化に沿って過不足をなくしていくという手法を望みます。

安倍さんは「憲法は国の理想を描くものである」というような、いつぞやの「美しい国」みたいな考えをお持ちのようですが、それは憲法の役割ではないと思います。

憲法は、大前提として権力が自らの立場を濫用して国民・国家を傷つけることのないよう、権力のあり方を規定するものです。

また内閣(行政府)には憲法の遵守義務があり、そもそも総理大臣が憲法を変えるといった発言をすること自体が不適切です(本来は自民党幹事長あたりが言うべきこと)。

そのような、中学で習うレベルの憲法観すら身についていない人たちが憲法論議をすることには危険を感じます。

憲法は国民のためにあるという大前提から、国民に訴える議論をしてほしいと思います。

第48回衆議院選挙を考察する(2)

さて、昨日は力尽きてしまいましたが続きを書きましょう。

 

これからどうするの?共産党

共産党は比例での獲得議席が20→11とほぼ半減しました。

立憲民主党に票を食われたという論評がもっぱらです。

今回の選挙では、結局共産党がなにをしたいのか、よくわかりませんでした。

野党共闘をうたっておきながら、いくら政治信条が相容れないからといい、希望の党が立候補した選挙区に刺客を立てていては結局自民党を応援するのと同じです。

そうなることは自分たちでも分かっていて、なぜそうしたのでしょう?

希望の党が勝つくらいなら自民党が勝ったほうがまだましだと考えたのであれば納得できますが。

有力なリベラル勢力がいる場合、選挙で勝てないことはもう20年にわたって同じことです。

それでも、自分たちの理念を貫くしかないのでは、党勢回復の道は険しいでしょう。

 

何がしたいの?日本維新の会

希望の党とのすみ分けで東京の小選挙区に候補者を擁立しなかったこともあり、東日本の小選挙区では惜敗率50%も上回れず大惨敗、東海ブロック以東では比例区で2議席しか取れていません。

完全に大阪とその周辺だけでしか力を持てない地方政党になってしまいました。

身を切る改革とよく言っていますが、結局維新は国政で何がしたいのでしょう?

国会議員の経費を削減することは目的ではなく手段です。

 

いつまでいるの?社民党

今回もなんとか2議席を死守したものの、2議席って…。

もともとは二大政党のひとつであった社会党ですよね?

完全に歴史的な役割を終えていると思います。

例えば立憲民主党に抱きついたところで正直力を持てるとは思えませんが、共産党以上に何がしたいのかわからなくなっています。

また民主党政権のときのように、都合よく与党になれるとでも思っているのでしょうか?

辻元清美を失い、福島瑞穂が退いた今、発信力のある議員が皆無に等しいのも厳しいです。

 

 

そもそも選挙制度はこれでいいのか?

日本は戦後40年、衆議院選挙を中選挙区制で行ってきました。

しかし、1つの選挙区から同じ党でも複数の議員が当選する仕組みであるため、派閥政治や金権政治の温床になったと批判され、現在の小選挙区比例代表並立制になるに至ります。

政党本位の選挙とすること、二大政党制を促進して選挙による政権交代を実現することが目的であったはずです。

しかし、20年たった今、両者とも実現しているとは思えません。

野党の乱立はいつまでも収まりません。自民党に対抗する勢力で、まとまりのある政党を作れるとは、現段階では思えません。

たとえばこれからどんなに立憲民主党が伸びても、共産党が解党する可能性はかなり低いでしょうし、自民党から公認をもらえる見込みがないから野党にはいるけれど、立憲民主党の政策は支持しない民進党保守派のような人たちもいます。

もともと二大政党になる土壌のない国に、制度だけで二大政党制を生み出そうとするがゆえに、自民党 vs その他という構図になるしかないのです。

政党本位の選挙を実現するのであれば、人で選ぶ要素が減る比例代表制のほうが圧倒的に適しています。

参議院選挙のように非拘束名簿方式にすることで、人で選びたい有権者のニーズも満たせるのではないでしょうか(ただし、参議院と異なりブロックを区切らないと、知名度や組織・資金力のある候補にとって有利すぎる制度となってしまいます)。

事実、投票率自民党が5割を超えているわけではないので、特に今回の選挙の場合、民意に近い形で議席が割り当てられる可能性が高くなります。

政権の不安定さを不安視するなら、第1党には、得票率に限らず過半数議席を与えるボーナスを設けることもできます(確かイタリアがこの制度を導入している)。

また、死票が減ることで投票へのモチベーションが上がり、投票率の向上にもつながるのではないでしょうか。

 

 

結局この選挙は何をもたらしたのか

選挙を経て、10議席定数が減りましたが、自民党は同議席公明党が6議席減らしたため、与党は若干ですが占有率を下げました。

自民党にとっていちばん都合の良い時期に解散し、野党の失策もあってなおこの結果です。

民進党は、解党という犠牲を払い、3方に別れて全体では勢力を伸ばしました(その分維新が後退)。

正直、与党にとっては成果がなかったように思えます。安倍政権の周辺が自分たちを延命できただけです。

民進党は、結果的に

・地力のあるベテラン(無所属)

・信念があり、そこそこ地力のあるリベラル(立憲)

・自分の議席を死守することに必死の風見鶏がほとんどの野合(希望)

に分かれ、有権者からするとわかりやすい存在となりました。

今まで民進党内での輪を乱すような動きをしていたのは、だいたいが希望の党に行くようなタイプの人なのではないかと思います。

希望の党は、当選者を含めて梯子を外されたようなもので、おそらく立憲にも受け入れてもらえず右往左往すると思われますが、そのようなことをしていてはいつまでも有権者の支持を得られないことを今回痛感したでしょう。

 

一方、民進党のままでは、政権を取るに足る信頼を得ることはできなかったでしょうし、今回の選挙で、

野党共闘がきちんと成されれば、自民党と接戦を演じることができる

・民意は「まともな主張」を聞いてくれる

・草の根活動は有効である

ことがわかったことは、野党にとっては大きな収穫であり、自民党にとっては議席以上に大きな脅威となったと思います。

 

これから希望の党を中心に、まだまだ政界は動いていくと思いますが、永田町が外に目を向け始める、そんな選挙になったとしたら、この選挙は大いに意義があったと思います。

第48回衆議院選挙を考察する(1)

久しぶりに、面白い選挙だなと思いました。

与党が勝つことは明らかでしたが、毎日のようにドラマがあり、1ヶ月前では想像もつかないような結果に終わりました。

雑多になるのを承知の上で、いろいろな観点からつらつら考察していこうと思います。

 

2つの神風に助けられた自民党

自民党の勝因は完全に敵失です。

野党の票がばらけて接戦区を多く取りました。

もう1つは台風。期日前投票の人数は過去最高とはいえ有権者全体の20%程度。全体の投票率も53%台で過去二番目の低さです。そうなれば業界団体などの組織票に強い自民にとっては強力な追い風になります。

今回はデータをまだ発見できていませんが、2009年に自民党が惨敗して民主党政権になった衆院選よりも、前回・前々回に自民党が大勝したときのほうが、自民党の絶対得票数は少ないのです(比例代表)。

安倍さんが強運の持ち主でもあることが証明されましたね。

ただし、内閣支持率が低迷しているのに対し政党支持率は高水準を維持していることは注目すべき点です。

つまり、安倍内閣は支持しないけれども自民党は支持している人、がかなりの数いるということ。

また、自民党議員は地盤が強固な人が多いですから、内閣や党名ではなく自分に投票してもらえる人が多くなります(純粋に能力の高い人が多い)。

安倍内閣はしばらく続くかもしれませんが、今後の支持率によってどうなるかは必ずしも見通せないところであると思います。

 

しれっと議席を減らした公明党

公明党は定数減の影響を受けるだろうと情勢予測から言われていましたが、そのとおりになってしまいました。

また、小選挙区でも前回に続く全勝とはいかず、神奈川6区で立憲民主党に敗れました。

個人的見立てですが、本来の平和主義・どちらかと言えばリベラル・恵まれない人を助けるという政策の方向性を年々譲歩し、自民党と変わらなくなってきていることによって昔からの支持者が離れ、自民党のブレーキ役を期待する浮動票を取れなくなっているのではないかと思います。

このままの姿勢を続けるのであれば、ジリ貧は避けられないのではないでしょうか。

 

プロモーションが抜群だった立憲民主党

直前までは、まさか野党第1党になるとは思っていませんでした。

もちろん、今回の結果は判官贔屓・消去法で投票した人がたくさんいたことによるものだとは思います。しかしそんなのはどの党だって同じです。すくなくとも、「たしかな野党」として認められたことは間違いありません。

立憲民主党の躍進をうまく説明できない・もしくは認めたくない人たちは色々な意見を言っているようですが、SNSと演説会を見れば他党(特に希望の党)と様相が明らかに違うことがわかると思います。

Twitterに投稿される画像(必要な情報がまとまったもの)が最たるものと思いますが、広報媒体のセンスとクオリティは群を抜いていました。キャプチャ文化をよく理解し、その利用を徹底したこと、支持ではなく身近な方法による「参加」を呼びかけたことは、短期間の中で立憲民主党への「積極的な支持者」を生み出すことに繋がったと思います。

選挙前日の演説会も、安倍さんが秋葉原で5,000人に対し、枝野さんは新宿で8,000人です。大与党の党首かつ総理大臣よりも、結党20日の新興野党のほうがこれだけ多く人を集めるというのは、特筆すべき点ではないでしょうか。

ただし、主張する政策は民主党政権の時代と大差がないように思えます。世間的にあれだけ失敗と思われている政策を、どのように主張していくのでしょうか。

政治的スタンスやパフォーマンスだけでなく、政策の理解を広範に得られるかどうかが今後躍進できるかのポイントになると思います。

また、現在の勢力は首都圏と、旧民主党(≒連合)が強い北海道・愛知が中心で、特に西日本ではほとんど足がかりがない状況が伺えます。自民党の一強を崩すにはこの地域での支持拡大は不可欠です。

 

逆の意味で予想外の結果だった希望の党

政策の中身0の希望の党

まさかの比例第3党なのです。

自民66、立憲37に次ぐ、32議席

実力のある議員も少なく、政策もよくわからない、小池百合子の看板しかないけれど、その小池さんも失言や一貫しない行動でマスコミの総攻撃に遭う、という散々な状況の中で、それだけの比例票を集めたことに逆にびっくりしました。

小選挙区については、おそらく希望の党だからという理由で当選した人はほぼ0。小選挙区で当選した人は17人が民進党、1人が自由党ですから、全員それなりの自力はあったはずですし、立憲から出馬しても当選したと思います。

ちなみに当選した50人のうち、41人が民進党、残りも2人が自由党、1人が日本のこころで、純粋な希望の党(?)は6人しかいません。

速報!希望の党の当選者一覧と経歴 (2017年第48回衆議院議員総選挙) | 無精者のかわら版

希望の党に比例で投票した人は、何が投票した理由であったのか、興味があります。変えてくれそう!というイメージなのか、政策なのか、はたまた…?

今後は解党的出直しとなるでしょう。

 

実は躍進した民進

民進党は、前回の総選挙では、民主党として73人しか当選していません(のちに維新の一部と合流)。

今回、

立憲民主党 55人

希望の党で元民進党 41人※ただし、細野さんなど公示前勢力に含まれない人を含む

民進党だが無所属で当選 18人

の114議席となりました。

これは、2005年に郵政選挙民主党が惨敗したときの113議席よりも多いです。

(しかもこのときは、定数が今より15人多い)

民進党のまま選挙に臨んでいたらどうなっていたか、というのはどちらの結果も予想ができますが、このくらいの議席数まで取れれば、次の選挙でひっくり返すチャンスは有るということです(2009年の選挙のときの自民党も119議席)。

もちろん、課題は山積していますが。

 

 

本当は投票率のこととか選挙制度のことも書こうと思ったのですが、疲れてしまったので今日はこのへんで。

 

東葛合唱祭2017の感想

こういうことを書くつもりで作ったわけではないけどまあいいか。全然エントリしてないし。

 

今年も見に行ってしまいました東葛合唱祭。

やっぱり合祭は青春だな〜と思いつつ、東葛に入学したのがもう10年前だと気づいて愕然。

全然卒業できてないどころか、去年くらいから逆に加速してますね。

 

さて、気になったHRの感想を書きます。演奏順で。

 

■3E 原体剣舞連

順位はふるわなかったものの、あの難曲を正確な音程、リズムで歌いきったことに感心しました。

曲想表現まで手が回る余裕がなかったか…と思いつつも、まとめきった好演でした。

 

■1D WINDING ROAD

学年優勝。ポップスが多かった1年生の中でも、アカペラ部をきれいに歌いきっていて好感。

あわよくば、むぎやとかやってくれていたらさらにいい演奏だったのではないかと老婆心が…。

 

■3G めざせポケモンマスター

楽民栄誉賞。きちんと曲とストーリーをまとめ上げ、作品として仕立ててきた。全員違うポケモンに扮しており、納得の衣装賞ダブル受賞。

 

■1G 茜色の約束

個人的には評価していただけに結果が残念。指揮者の統率力が素晴らしく、曲想もよく練習されていました。

 

■2H 俵積み唄

学年優勝。パワー全開で、全体に綺麗めにまとめたクラスが多かった中で、いい存在感を放っていました。決して演奏が雑ではなく、しっかりと歌いきれていました。

この曲のコンテンツ力が強すぎる…。

 

■3C 土の歌(農夫と土、天地の怒り、大地讃頌

優勝。曲構成から歌唱に至るまで隙がまったくない。全員がよく練習して非常にまとまりがよく、しっかりと創り上げてきたと感じました。

個人的には衣装がおしゃれで好きでした。

 

■3D 島よ

準優勝。様々な楽章のメドレー形式。曲想が落ち着いている中、丁寧に仕上げていました。

 

■1C 美女と野獣

曲の構成が2008年の初演当時から変わっていないことに驚きました。たしかにあれ以上ないだろうけど。1年生にして東葛合唱祭を理解しすぎている。

「ツバを吐いてもいちばんだ〜♪ ペッ 5000兆点!」は今日イチ笑いました。

 

■3A おらしょ 第二楽章

アカペラかつ渋い選曲ながら、暗さや古さを感じさせない素晴らしい演奏。統率も取れていてとても完成度が高かったです。

全体にチカマツの陰がチラついたのが災いしたか。

 

■3F 大乱闘スマッシュブラザーズメドレー

アイディアは秀逸だったものの、全体の構成力でポケモンに一歩及ばなかった印象。クオリティが高かっただけに、楽民狙いでかち合ってしまったのが悔やまれる。

 

他にもいい演奏気になる演奏が沢山ありました!

来年も行くんだろうか…。